Case Study_3 国士舘大学様 「コクシル~KOKUSHIL~」

コクシル画像

国士舘大学様の新情報サイト「コクシル~KOKUSHIL~」が2017年9月11日にリリースされました。

「コクシル~KOKUSHIL~」は「国士舘を知る、濃く知る」をコンセプトにしたコミュニティーサイト。2017年に創立100周年を迎えた国士舘の知られざる魅力や、スポットを当てたい学生&卒業生、話題の先生、学食のおすすめメニューに至るまで、見て、読んで、楽しめるコンテンツをタイムリーに配信していくオウンドメディアとして今後の活用が期待されています。

弊社は企画・制作・運営に携わらせていただいていますが、質の高い読み物を定期更新しつつ、拡散させながら、大学広報の現場で抑えておきたいポイントを積極的かつタイムリーに取り上げます。特に、大学公式サイトでは扱いにくいネタや旬の話題を埋没させないことも、「コクシル~KOKUSHIL~」の使命の一つです。

国士舘を、知る「コクシル」。濃く、知る、「コクシル」。

「コクシル~KOKUSHIL~」の企画段階において意識した点に「大学のブランディング」がありました。また、オフィシャルでありながらコアな情報を配信して、純粋なファンを獲得することも大きな狙いの一つと従えています。メインターゲットは在学生・受験生など若年層ですので、より一層読ませる記事、見せる写真を盛り込む必要がありました。そこで、コンテンツの作成には弊社より大学広報経験のあるスタッフがディレクションにあたり、専属のライターとカメラマンを派遣した取材と運用計画をお約束しています。味わいのあるコンテンツが蓄積されることで、ゆくゆくは大学の資産として活用の幅も広がっていくことでしょう。

弊社では、「コクシル~KOKUSHIL~」をオウンドメディアとして育てるメリットを以下のように考えています。

1)公式サイトでは扱われないネタを拾い、それスピーディーかつ魅力的に伝えられる!
目立つ学生だけでなく “ふつうの学生”が知りたいことや、日々学内で発生するキラリと光る話題を見逃しません。誰もが主役になれる、そんな大学の魅力に脚光をあてて、読み物としてクオリティー高く発信できます。
2)通常大学との接点のない層にアプローチできる、キーワードやコンテンツ内容を展開できる!
大学を認知していない潜在層がWebを介してコンテンツに接触する機会を増やします。
3)大学の資産となる!
時間がかかりますが、蓄積されたコンテンツが良質であればあるほど、まとまったときの価値が高まります。
4)広報の黄金パターンを見出すため、トライの場としても活用できる
閲覧データを定期的に分析することで、先の効果的な広報戦略を立てることができ、無駄な広告を打つリスクが減ります。
6)コミュニティーの形成。ファンを作り、ロイヤリティーを高める
7)「大学のブランディング」を強力にプッシュ!

作って終わりにしない、コンテンツマーケティング

「コクシル~KOKUSHIL~」に限らず、弊社ではリリースしたコンテンツを安定的に運用し、発展・充実させていくために、下記のような定期的な運用の提案と効果測定を実施しています。

1)SNS拡散の法則性を見出すために定期的なアンケート調査
2)学生の意識調査や定期的な志向調査
3)サイトそのものの定期的な評価および認知調査
4)アクセス解析からの傾向の分析、年間を通じた戦略的大学広報へ

Webサイトのリリースはゴールではなく、毎回はじめの一歩です。作って終わりにしないコンテンツマーケティングでは、結果を出せるサイトとして育て上げていく手腕が試されます。次は何をするべきか多角的に分析し、私たちは改善を繰り返さなければなりません。「コクシル~KOKUSHIL~」が多くの方から愛されるサイトとなるよう、これからも制作チーム一同力を注いでまいります。

この記事に関連するキーワード

KEYWORD

この記事に関連するキーワード
大学WEB広報に関する ご相談・お問い合わせはこちら大学WEB広報に関する ご相談・お問い合わせはこちら
357 がご提案する大学WEB広報支援事業
大学実務を理解している私たちだからこしできることがあります
  • 公式WEBサイト構築&大学WEBサイトに特化したCMSのご提供
  • 情報サービス強化を図るサテライトサイト構築&多言語サイト作成・運用支援
  • 正確・迅速な情報サービスを実現する大学WEBサイトの運
  • 戦略的なWEB活用支援サイトの改善&コンテンツ
357 がご提案する大学WEB広報支援事業
詳しくはこちらをご覧ください