少ないパイを奪い合うしかないのか。「2018年問題」を考える

大学広報の現場で、しばしば耳にする「2018年問題」。平たくいえば日本の「18歳人口」が減り始めるターニングポイントです。厳密には、18歳人口は1992年以降、右肩下がりで減少しています。その半面で、大学進学率は順調に上昇していたため「進学者数そのもの」が減ることはありませんでした。

ところが、です。

近年まで微増していた大学進学率も2018年には横ばい状態となる予測から、それ以降は18歳人口減少の影響がいよいよ顕著に現れるという訳です。推計では2031年には大学進学者数が約48万人にとなり(※2018年は推定約65万人)多くの大学が定員割れから閉校を余儀なくされると考えられています。

これは日本全国の大学にとって共通の死活問題です。私立大学や地方国公立大学は特に、厳しい状況を強いられることでしょう。もちろん知名度の高い難関大学であっても例外ではなく、少ないパイの奪い合いは免れないシビアな状況がすぐそこまで来ているのです。現役(18歳)以外の受験生もいるとはいえ、全体からみれば少数であり、ターゲットはやはり「18歳」に他なりません。

ごくピンポイントの層だけしか狙えないという大学にとって、生き残りをかけた施策の展開は急務といえます。受験生を獲得し、入学してもらうために、あの手この手の広報合戦です。この厳しい現状を打破するカギは、どこにあるのでしょう。

(それって自分のこと・・・?)

お心当たりがあると思われたならば、私たちから、お役に立てるヒントをご提供できるかもしれません。
答えは、WEB広報が握っているといっても過言ではないのです。

この記事に関連するキーワード

KEYWORD

この記事に関連するキーワード
大学WEB広報に関する ご相談・お問い合わせはこちら大学WEB広報に関する ご相談・お問い合わせはこちら
357 がご提案する大学WEB広報支援事業
大学実務を理解している私たちだからこしできることがあります
  • 公式WEBサイト構築&大学WEBサイトに特化したCMSのご提供
  • 情報サービス強化を図るサテライトサイト構築&多言語サイト作成・運用支援
  • 正確・迅速な情報サービスを実現する大学WEBサイトの運
  • 戦略的なWEB活用支援サイトの改善&コンテンツ
357 がご提案する大学WEB広報支援事業
詳しくはこちらをご覧ください